トレンド発見してみた

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

週末や日帰り旅行に行きたい!日本のウユニ塩湖「江川海岸」☆

ライフスタイルオンライン トレンド担当・レモ太郎です!

 

7月ももう終わり。いよいよ8月に突入し、夏本番ですね。

夏といえば!そう!夏休みですよね(笑)

皆さんのなかにも、夏休みを利用して、どこか長期旅行する人もいるのではないでしょうか?実家に帰ったり、海外旅行したりなど。

一方で、仕事が忙しくて長期休みを取れない人や、子どもがまだ小さくて遠出できない人もいるかと思います。

 

そこで、今回はそんな長期休みは取れないけど、やっぱり旅行したい!という方必見!週末や日帰り旅行でも行けちゃうおすすめスポットをご紹介します♪

f:id:bigdream99:20180729113744j:plain

引用元:楽天トラベル

 

SNS映え間違いなし!昼と夜でふたつの顔「江川海岸」

f:id:bigdream99:20180729113852j:plain

引用元:楽天トラベル

 

日本のウユニ塩湖と呼ばれることがある絶景スポットがあります。それが千葉県の江川海岸。海に立つ無数の海中電柱が、SNS映え間違いなしのスポットです。

特におすすめの時間帯は夕方から夜で、夕陽でオレンジ色に染まった海と、その海のなかに立つ電柱が美しいと評判です。また、夜には工場夜景も見れるので、昼や夕方とは違う景色になります。



人気の理由は海中電柱!

f:id:bigdream99:20180729113906j:plain

引用元:東京湾観光情報局

 

人気の理由は、東京湾にありながらも、沖合に向かって電柱が並んでいるという不思議な光景を見れるから。また、満潮になると、「海中電柱」という不思議な光景が出現します。

 

では、そもそもなぜ海中に電柱があるかというと、木更津市観光振興課によると、

「もともとは、沖合にあるアサリの密漁監視小屋に電気を送るための送電用の電柱です。この監視小屋は現在はつかわれていませんが、電柱だけはそのまま残されているのです」

現在、その監視小屋は使用されていないらしく、海中電柱も将来的には撤去の可能性が高いといわれてます。その理由もあって、今しか見れない絶景スポットとして人気があります。

 

ウユニ塩湖のような天空の鏡現象!

f:id:bigdream99:20180729113920j:plain

引用元:東京湾観光情報局

 

この海岸が日本のウユニ塩湖と呼ばれる所以は、ウユニ塩湖の天空の鏡のような現象が起こるからです。

潮が満ちてくれば、天空の鏡を見れることもあって、人気のスポットになってます!

 

まとめ

千葉の江川海岸はとてもおすすめのスポットです!

もしかしたら、今しか見ることができないかもしれません。

 

車で日帰りでもいける場所にこんな美しい場所があるので、ぜひ忙しい方は足を運んでみてはいかがでしょうか?



【こちらの記事を読んだ方には、こんな記事もオススメ】

 

週末に山手線を巡ってみてはいかがでしょうか?

www.trend.life-style-online.com

 

週末はおしゃれに浴衣で出かけてみては!?

www.trend.life-style-online.com

 

週末を思いっきり楽しみたい方におすすめです!

www.holidays.life-style-online.com