トレンド発見してみた

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【究極の日本食】卵食べ放題!推し卵でTKG祭り!『喜三郎農場』がかなり熱い

  f:id:bigdream99:20180520111222j:plain 

ライフスタイルオンライン トレンド担当・サーモン小暮です!

 

暖かい日も続き、スタミナをつける時期になりましたね。
バランス良く食べる人、がっつり食べる人、それぞれいるかと思います。

特にがっつり食べる人は、食べ放題に惹かれるかもしれませんね。


実は先日、少食の友人に誘われて行ったお店があります。
食べ放題と無縁なタイプが、どうしても行きたかったお店。
いったい、何だと思いますか?

それは都内でも珍しい『卵の専門店』
バランス良く食べる派もがっつり食べる派も大満足まちがいなしです。

 

 

究極のTKGはここで会える!

 f:id:bigdream99:20180520111347j:plain 

卵の専門店『喜三郎農場』は、閑静な住宅街にあるゆったりとした雰囲気のお店です。
都営三田線の千石(せんごく)駅から徒歩2分。

草花にお出迎えされながら、入店します。
店内は比較的広めで、カウンターとテーブル席があります。

 f:id:bigdream99:20180520111434j:plain

メディアでも多数とりあげられ、店内の一角は写真やサインで埋まっていました!
とても期待が高まります。

 f:id:bigdream99:20180520111517j:plain

親子丼に心を奪われながらも、予定どおり『たまごかけごはん御膳(卵食べ放題)』730円を注文。
ご飯も食べ放題にすると1200円ですが、大盛りが無料なので悩みどころですね。

少食の友人が大盛りと注文したため、わたしも焦りながら大盛りにしました。
卵食べ放題にするなら、ここは頑張って大盛りがオススメです。

ほかに一点トッピングを選べます。
わたしは辛味噌、友人は梅干。
後から気づいたのですが、卵の味を消さない薬味を選べばよかったと思いました。
ネギや三つ葉もあるので、ぜひじっくり選んでみてください。

 

 

卵のテーマパーク!思いっきり楽しもう

 f:id:bigdream99:20180520111659j:plain

 

たかが卵、されど卵。奥が深い

たまごかけごはん御膳を頼むと、実にシンプルなセットがきます。
『ごはん、味噌汁、トッピング、お漬物。』

全ては卵の良さを引き出すための、選び抜かれたセットです。

さぁ、卵を選びます!
店内中央に産地と特徴が書いてあるので、好きに持っていきましょう。
基本は5種類おいてあり、来店時期により多少ラインナップが変わります。
思った以上に卵の味が違うので、全て比べるなら食べる順番も楽しみたいですね。

 f:id:bigdream99:20180520111745j:plain

ちなみに、どれもお箸ではさめるぐらい新鮮
プルプルの見た目が食欲をそそります。
黄身も白身もキレが良く、混ぜやすいのが特徴です。
卵は中身も殻も色が違い、見ているだけでも楽しいです。



割るたびに感動が起こる食べ比べ

では今回食べ比べた5種類をご紹介します。
卵好きで普段も美味しく新鮮なものを食べていたつもりでしたが、さすが専門店です!
今までの卵の価値観が変わるくらい個性的でした。
醤油はもちろん、TKG(たまごかけごはん)専用でいただきます。


“星の卵”

 f:id:bigdream99:20180520111902j:plain

かつて農林水産大臣賞を受賞
海藻・にんにく・赤唐辛子・胡椒などをたっぷり使って育てられました。
エサの味の影響はなく、とても美味しい卵という印象。
いつもの卵の王様といえるクセのなさです!
黄身も白身もぷっくりとして新鮮さが伝わります。

ここから食べ比べスタートが良さそうです。


“お米卵”

 f:id:bigdream99:20180520111941j:plain
殻がひときわ白く輝いていましたが、割ってもびっくり。
薄く色づいた白です!
エサをお米にしていて、コレステロールが三分の一でとてもヘルシー
白い卵焼きや白い目玉焼きが作れます。
さっぱりとしてクセがないため、醤油は少ないほうがいいですね。


“赤から卵”

 f:id:bigdream99:20180520112017j:plain
こちらも割ってびっくり、見たことのないオレンジ色の卵とご対面です。
味も見た目もインパクトが強い!
甘くて味が濃く、醤油に負けない味です。
白味がとてもサラサラしていて、濃いのにキレがいいのが特徴。
卵食べ放題でなければ、これ一つで満足できるくらいの旨みが凝縮されています。


“ゆうやけ卵”

 f:id:bigdream99:20180520112100j:plain
その名の通り、こちらもオレンジ色が映えます。
赤がら卵より少し酸味を感じます。
ビタミンEが普通の卵のなんと約20倍もありました!
店内の他メニューではゆうやけ卵を使っていて、オススメのようです。
プリンや親子丼はこちらの卵を使用しています。
味がしっかりしていてとても美味しいので、どの料理に使っても間違いありません!


“ゆずたま”

 f:id:bigdream99:20180520112142j:plain
一番の衝撃でした!
見た目では何の卵か忘れていましたが、香りですぐに分かりました。
割って口に含むと、更にゆずの香りがグワッと押し寄せてきます。
ビタミンC・ミネラルを多く含むゆず皮をエサに入れることで、甘みと香りをまとわすことに成功したそうです。
白味はほかよりしっかりめ。
黄身もコクと甘みがあり、爽やかな香りと絡んでます。
辛味噌をつけてもゆずが勝つくらい、他と一線を画す存在です。

 

 

卵は最強!栄養をとって夏を迎えよう

どれもとても美味しいですが、個人的にはゆずたま推しです!
お腹がいっぱいでなければ、もう一個食べたいくらいでした。
お気に入りの卵は最後に買って帰ることもできるので、推し卵をお土産にしてもいいですね。

最初はコレステロールやカロリーを気にしましたが、卵の中でもとても栄養価が高いものばかり。
しかも、満足感が1日中続いたことにも驚きました。 

 f:id:bigdream99:20180520112230j:plain

卵は完全栄養食品と言われ、いまや冷蔵庫に必ずある家庭の味方。

実は江戸時代に西洋文化が入り、食べ物の多様化が進んで初めて卵が食べられるようなりました。
その頃はまだ高価で、手頃に食べられるようになったのは昭和30年に入ってからです。
意外と最近のものなんですね。

しかし、TKGといえば日本の食べ物と言えるほど一気に普及しました。

白いごはん、お味噌汁、お漬物に卵。
シンプルだからこそ、奥が深く飽きません。

TKGこそ、日本人が愛する究極の日本食だと思いませんか?

暑くなる季節が近づき栄養が偏りがちですが、卵ならそんなことはありません!

バランスよく食べる派もがっつり派も、
こだわりのTKGで美味しく夏を迎えましょう!


店名:喜三郎農場
所在地:東京都文京区千石1-23-11
営業時間:
ランチ →月~金 11:30~14:30 土・日 11:30~17:00
ディナー →17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:無休 ※年末年始を除く
アクセス:都営三田線「千石」駅 A2出口 徒歩2分

 


【こちらの記事を読んだ方には、こんな記事もオススメ】

www.kisaburou-sengoku.com

www.trend.life-style-online.com