トレンド発見してみた

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

春に歌いたいおすすめソング16選♪女性ボーカル編

 

桜前線北上中!

 

東京都心では桜満開の今、
お花見をしてそのままカラオケへ…という機会も少なくないのでは?

私自身も友人や職場の方とカラオケに行く機会がありますが、
毎回思うのが…
「何を歌ったらいいか、ぱっと思い浮かばない!」

 

と、いうことで今回は、
私が春に歌いたい曲をリストアップします。

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

※女性アーティストに限定しています。

※順不同

 

 

 ★おすすめ一覧★

1.My Graduation SPEED

2.CHE.R.R.Y YUI 

3.春 ~spring~ ヒステリックブルー

4.陽のあたる坂道 Do As Infinity

5.桜の時 aiko 

6.桃ノ花ビラ 大塚愛

7.風吹けば恋 チャットモンチー 

8.もうすぐ春ですね キャンディーズ

9.ワンルーム・ディスコ Perfume

10.未来予想図Ⅱ DREAM COME TRUE

11.春よ来い 松任谷由実

12.Winding Road 絢香×コブクロ

13.SAKURA `いきものがかり

14.桜色舞うころ 中島美嘉

15.Best Friend 西野カナ

16.SAKURAドロップス

 

1.My Graduation SPEED

 


SPEED MY GRADUATION

その名の通り卒業ソングですね。

切なさがありながらもこれからの未来へ強い一歩を踏み出す1曲♪

 

 

2.CHE.R.RY YUI


YUI - CHE.R.RY [Official Audio]

こーいーしちゃったんだ♪とサビを聴くだけで恋をしたくなる1曲。

気になるあの人の前で歌ってみるといいかも?

 

 

3.春~spring~ ヒステリックブルー


Hysteric Blue 春~spring~ 詰め合わせ

疾走感あふれる1曲。

基本ずっと高音なので、歌うととてもスカッとします。

 

4.陽のあたる坂道 Do As Infinity


Do As Infinity / 陽のあたる坂道

歌い出しはみんなポカンとするけど、サビになるとあ〜ってなる曲。

諦めずに努力していこうと思える1曲。

 

5.桜の時 aiko


aiko-『桜の時』music video short version

キーの変化が激しく難易度高めです。

ラブソングの女王aikoさんのハッピーな1曲。

 

6.桃ノ花ビラ 大塚愛


大塚 愛 / 桃ノ花ビラ

さくらんぼじゃないの?と思うかもしれませんが、

透き通る大塚愛さんの声が映える1曲にレッツチャレンジ。

 

 

7.風吹けば恋 チャットモンチー 

youtu.be

バンドらしくスピード感があり盛り上がる1曲。

最後の方ものすごく高音の部分あり。出れば最高。

 

8.春一番 キャンディーズ


春一番 キャンディーズ

え?もうすぐ春ですねがタイトルじゃないの?と、それだけで盛り上がれる。

単純な繰り返しなので曲を知らなかった人も一緒に歌えます。

 

9.ワンルーム・ディスコ Perfume


[MV] Perfume「ワンルーム・ディスコ」

 

ワンルームで新生活を始める1曲。

ディスコディスコ♪の部分の手の振付は簡単なのでぜひ真似してやってみましょう。

 

10.未来予想図Ⅱ DREAMS COME TRUE

卒業の時期に聞きたくなる1曲。

どんな世代の方の前でも歌いやすいですね。

 

11.春よ、来い 松任谷由実

 こちらも世代を越えて愛されている1曲。

ユーミンはキーが低めなのでアルトな方におすすめ。

 

 

12.Winding Road 絢香×コブクロ


コブクロ - WINDING ROAD(絢香×コブクロ)

 

男女でデュエットが楽しめる1曲♪

 

 

13.SAKURA いきものがかり

切なめのメロディーが胸に響く1曲。

 

 

14.桜色舞うころ 中島美嘉

 

youtu.be

しっとり歌いたい方におすすめ。

あまりキーが高くないので歌いやすいのではないでしょうか。

 

15.Best Friend 西野カナ

その場にいる方々にそのままメッセージとして伝えられる1曲。

プロモーションビデオの中のガラケーに時代を感じて盛り上がれる。

 

16.SAKURAドロップス 宇多田ヒカル


宇多田ヒカル - SAKURAドロップス

歌い出しから突然高音なので準備が必要。

プロモーションビデオの映像美にも注目。

 

 

いかがでしたか?

 

大切なのは、うまく歌おうとすることよりも、

自分が好きな歌を楽しく歌うことではないかと思います。

 

あたたかくなりワクワクするこの季節に、

歌で生活にさらなる彩りを加えてみてはいかがでしょうか。