トレンド発見してみた

~頑張るあなたをハッピーに!毎日が楽しくなる生活ポータルサイト♪ライフスタイルオンライン~

【限りある資源】必見!頭髪頭皮の日焼け対策【まだ間に合う】

■今からでも遅くない!?

 

2018年のGWは、有休を駆使して

 

9連休以上の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

長期の旅行・帰省などから1日限りのレジャーまで、

 

この機に外出の計画を立てている方も多いと思います。

 

天気がいい日が続くことを祈りますが、

 

大人たちが心の中で祈っていることがもう一つ。

 

 

 

『日焼けに失敗したくない!』

 

 

 

毎年新しい日焼け止めが発売されていますが、

 

日焼けを気にする部分も、

 

毎年同じ顔と身体だけでいいと思っていませんか??

 

f:id:marriedtothefuture:20180319223209j:plain

 

 

 

 

 

■ざっくりおさらい!日焼けの仕組み

 

 

世の中に出回っている日焼け対策商品は、

 

女性のお肌に対するモノが多いです。

 

確かにイチオシな女優さんが水着で日焼け止めのCMに出ていたら、見ちゃますよね。わかります。

 

 

 

だがしかし!

 

実は男性だって女性だって

 

頭髪も頭皮も日焼け対策は必要なんです。

 

 

しかも、

 

年をとるごとに頭髪が少なくなれば、

 

年をとるごとに日焼けのダメージは増しているということ。

 

 

 

これから夏にかけて

 

日焼けの原因となる紫外線を浴びる量も時間も増える前に、

 

しっかり対策ポイントをおさえておきましょう。

 

 

 

 

日焼けの進行=老化(ハゲ)の進行と思え!

 

 

 

 

紫外線の中にあるA波(UVAB波(UVB)は、お肌のシミ・シワ・そばかす等の原因です。

 

特にB波が毛髪の成分のメラニン色素を分解してしまい、

 

弱い髪になってしまうのです。

 

 

日焼けにより頭髪が弱くなってしまったために

 

より一層危険に晒されてしまう頭皮のことを思うと、

 

事態は一刻を争うような衝動に駆られてしまいます。

 

f:id:marriedtothefuture:20180319225405j:plain

 

 

 

 

 

■今日から出来る!頭髪頭皮の日焼け対策

 

UVカットの帽子

 

頭髪・頭皮を日差しから守ると考えると、

 

一番に思い浮かぶものが帽子ではないでしょうか。

 

UVカット効果のあるものが素材にコーティングされているタイプと、元々の繊維に織り込まれているタイプが主流です。

 

 性別問わずデザインも豊富にありますので、

 

●ポリエステル素材のもの

●つばが大きいもの

 

がオススメです。

 

また、折り畳み出来るタイプの方が持ち運びもラクでしょう。

 

 

 

 

 

UVカットの日傘

 

使用される方の男女差はまだまだ大きいとは思われますが、

 

日焼け対策としては体感温度も下げられるので炎天下では大活躍するはず。

 

生地の素材や厚みで効果は左右されてしまいますので、

 

『完全遮光』と表示されているものがオススメです。

 

 

 

 

 

UVカットのスプレー

 

 顔や身体用のクリームタイプよりも、

 

頭髪にはスプレータイプが断然オススメです。

 

頭髪に均一に塗布出来る上に、手を汚さずに手軽につけ直しも出来ます。

 

スプレータイプでも顔も身体にも使えるものもありますので、

1本持っておくと便利でしょう。

 

 

※注意

日焼け止めに使われている成分には、

化学物質や合成物質が含まれているものが少なくありません。

直接身体につけるのもですから、

アレルギーがある人や敏感肌ではない人も、

使用前のパッチテストは実施しましょう。

 

 

f:id:marriedtothefuture:20180319231832j:plain

 

 

 

 

 

■日焼け対策の後は

UVカットの帽子や日傘で対策しても、

 

頭髪頭皮は汗で汚れている状態です。

 

その日のうちにシャンプーしっかり洗い流し

 

ヘアトリートメント頭髪を保湿してあげるまでがワンセットと覚えましょう。

 

頭皮も日焼けで乾燥してしまっているので、

 

頭皮専用の化粧水を使ってみるものオススメです。

 

洗い切れていない汚れが頭皮に詰まってしまうとダメージが蓄積してしまい、

 

薄毛への悪循環になりかねません。

 

 

ただし、

 

日焼けはやけどと同じような状態ですので、

 

炎症がひどい場合は病院で診てもらいましょう。

 

f:id:marriedtothefuture:20180319233102j:plain

 

 

 

 

 

 

■おわりに

 

無防備なまま連休を迎えようとされていた方、いかがでしたでしょうか?

 

すぐにでも出来ることが多いと思いますので

 

TPOに合わせた対策をして、

 

これからの時期もお互い全力で楽しんでいきましょう。

 

f:id:marriedtothefuture:20180319232417j:plain

 

 

参考:

hagelabo.jp